4,800円以上ご購入で送料無料!(送料全国一律660円)
ショッピングカート

ごはんの里の酢飯が美味しい理由

ごはんの里
ごはんの里の酢飯が美味しい理由

先日ごはんの里冷凍便のお客様からご質問をいただきました❗
『ごはんの里のお寿司はレンジでチンしても酢の味が飛ばないのはなぜですか❓』
今回はこのご質問にお答えする形で、ごはんの里の酢へのこだわりをご紹介したいと思います😊

なぜ酢が飛ぶの?

皆さんも晩御飯に作ったいなり寿司やちらし寿司を翌日に食べて「あれ? あまり酸っぱくない」と感じたことはありませんか❓

酢飯は時間を置くと酢が飛んでしまい、酸味を感じなくなるというのは皆さんご存じと思います。
では具体的に何が原因で酢は飛んでしまうのでしょうか❓🤔

その理由は時間が経つと表面の酢がご飯内部に浸透し、粒表面の酢酸量が少なくなるからです。
時間の経過や加熱によって酢が飛ぶのです😭


ではなぜごはんの里のお寿司は冷凍、加熱解凍しても酸味が飛ぶことなく酢の味を維持できるのでしょうか❓
そこには2つの理由があります。

理由①特製の冷凍専用の合わせ酢

冷凍食品に使用するお米には冷凍専用に作られた特製の合わせ酢を使用しています。
この特製の酢を使用することによって、作り立ての風味とコクを維持することに加えごはん自体の老化を防止することができます。

理由②当社の冷凍技術による急速冷凍

食品の水分が水から氷に変化する-5°~-1°の温度帯のことを【最大氷結晶生成帯】といい、この変化に時間がかかると氷の結晶が大きくなり、食品自体の組織が壊れてしまいます😲
一般的なご家庭用の冷凍庫で冷凍すると、-5°~-1°の温度帯を通過するのに時間がかかるため、食品組織が壊れます。これを「緩慢冷凍」といいます。
ごはんの里の業務用の急速冷凍庫で冷凍すると-40°で急速に冷凍し、【最大氷結晶生成帯】の-5°~-1°の温度を素早く通過します💨これを「急速冷凍」といい、食品組織が壊れるのを防ぐことができます😆


【最大氷結晶生成帯】を意識した
冷凍技術にょり、酢がごはんに浸透するのを抑えており、おいしい酢飯の状態をキープし、冷凍・解凍してもできたてのお寿司を味わえます🥳

皆様が今後いなり寿司や巻き寿司などをお買い上げになった際に、酢の味を意識してお召し上がりいただければ、ごはんの里の技術を感じることができると思います😋

古い投稿 新しい投稿