4,800円以上ご購入で送料無料!(送料全国一律660円)
ショッピングカート

ごはんの里のお米が美味しい理由

ごはんの里
ごはんの里のお米が美味しい理由

弊社はごはん里という名前だけあって、ほとんどの商品にごはんが使われており、そこにはお米を扱うプロとしてのこだわりがあります🤔

今回は弊社のごはんが美味しい理由を大きく3つに分けてご紹介したいと思います😊

①こだわりのお米選び

ごはんの里で製造しているご飯には白飯、寿司飯、塩飯、茶飯、五目飯など様々な種類があり、加工するご飯の種類によって使用するお米を使い分けています。
弊社の看板商品であるお寿司に使われる寿司飯は粒が大きく、水分・粘り気が少なく、パラっと炊き上がるのが理想とされています。
さまざまなお米で試した結果、寿司飯に適した硬めのお米と粘りのある柔らかめのお米を絶妙な比率でブレントすることで理想の寿司飯になりました🥳

②瀬野川の伏流水でしっかり浸漬

工場のある広島県安芸郡海田町を流れる瀬野川の伏流水は雑味が少ないため、炊き上がったごはんに寿司酢がよくなじみます。その伏流水にお米を浸し水分をしっかり吸収させています。

③高火力のガス釜


炊飯で重要なのは、「炊き」と「蒸らし」の工程です。
「炊き」の工程では、いかに釜内の温度を早く上げるかが重要です。ガス釜を使い、ガスの高火力で一気に釜内温度を上げて、米の対流を促します。
その後「蒸らし」の工程では立体蒸らし装置を使い、厚い釜の中でしっかりと内部の圧力を高めて蒸らします。


上記の3つ理由で弊社のごはんは美味しく炊きあがります。炊きあがったごはんは、
日配食品として広島、山口県内にお配りしたり、自社の工場で冷凍食品に加工し、皆様の元にお届けします😋

以上ごはんの里のお米が美味しい理由をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか❓
今後ごはんの製造工程などもご紹介できればと思っています😊

古い投稿 新しい投稿