4,800円以上ご購入で送料無料!(送料全国一律660円)
ショッピングカート

ごはんの里の裏巻き寿司

ごはんの里
ごはんの里の裏巻き寿司

今回の記事ではごはんの里で製造している裏巻き寿司を取り扱いたいと思います😊

裏巻き寿司とは巻き寿司の外側を海苔で巻かず、ごはんで巻きこむ形のものをいいます。回転寿司屋などで販売されている「カリフォルニアロール」というと想像してもらいやすいと思います😊

今現在ごはんの里冷凍便での販売はございませんが、時期によっては「ご奉仕品セット」の商品として期間限定で販売しております。
では早速、ごはんの里で業務用商品として取り扱っている5種類の裏巻き寿司をご紹介していきたいと思います😄


まず1品目は『黒米ロール』です。
『黒米ロール』は名前の通り黒米入りの寿司飯を使用して作られております。
中の具材は「カニ風味かまぼこ」「玉子焼き」「いんげん」「ツナマヨネーズ」を使用し、さらにそれらの具材を焼き海苔で巻いています。
『黒米ロール』の特徴は黒米特有の香ばしい香りです。黒米の存在が中の具材の味を引き立てます🤤
更に、冷凍したご飯であるにも関わらず、解凍後はモチモチとした食感を楽しめます。

外見は黒米の落ち着いた色合いとは対照的に、中の具材が色鮮やかなのでコントラストがとても綺麗です。
お皿に盛りつけるととても華やかになるのでパーティーメニューにするのもピッタリです❕




2品目は『ごぼうサラダロール』です。
『ごぼうサラダロール』は「ごぼうサラダ」「玉子焼き」「いんげん」を焼き海苔で巻いてあります。焼き海苔を寿司飯で巻き、その周りに白ごまをまぶしました。
中身の「ごぼうサラダ」はごぼう、人参、ゴマをマヨネーズで味付けしてあります。
『ごぼうサラダロール』の特徴は寿司飯とごぼうサラダの相性抜群の組み合わせです😄マヨネーズで味付けされたごぼうはエグみが少なく、お子様でも美味しく召し上がっていただくことができます。
また、ごぼうサラダは古くからご家庭の食事として出されているので、馴染み深い味がして安心感があります。

外見の華やかさは『黒米ロール』や『エッグロール』には負けますが、味では引けを取りません😊


3品目は『サーモンロール』です。
『サーモンロール』は「スモークサーモン」「玉子焼き」「いんげん」「マヨネーズ」を焼き海苔で巻いています。その上に寿司飯を巻き、周りに白ごまをまぶしました。
『サーモンロール』の特徴はスモークサーモンと寿司飯の相性の良さです。
スモークサーモンの燻製された深みのある味をしっかりと酸味が効いた寿司飯が引き立てます😋
そこにマヨネーズで味がまろやかになり、白ごまをまぶすことにより香ばしさも出てきます。

見た目もサーモンのピンク色があるおかげで色味が鮮やかになります。華やかさが増しますね😊



4品目は『エッグロール』です。
『エッグロール』は「アスパラガス」「カニ風味かまぼこ」「ツナマヨネーズ」「おぼろ」「でんぷん」を寿司飯で巻き、その周りを錦糸卵で巻いています。
『エッグロール』の特徴はお子様から高齢者の方まで皆様に好んでいただけるような具材を使用している点です😋

見た目は錦糸卵の華やかな黄色が抜群の存在感を出し、カニカマとアスパラガスが更に見た目を鮮やかにします。
味に関しましてはどなたにも美味しく召し上がっていただけるような、癖のないシンプルな味になっています😊
なので、様々な年代の方が集まるパーティーにも提供しやすいです🤭


5品目は『雑穀ロール』です。
『雑穀ロール』は名前の通り雑穀入りの寿司飯を使用して作られております。中の具材には「蒸し鶏」「いんげん」「青しそ広島菜」「梅肉」を使用しており、それを雑穀入りの寿司飯で巻いています。

見た目は雑穀ごはんの紫がかった色が特徴的で、そこに広島菜やいんげんの緑が加わり、全体的に明るめの色合いになっています。
味は青しそ広島菜や梅肉の味が強くやや酸っぱ目に仕上がっています。味の好みとして、お子様よりはご年配の方に好んでいただけるのではないかと思います😋

選ばれている具材はいずれも健康に良いとされているものばかりなので、健康を意識したお寿司が食べたい方にはお勧めの裏巻きです。


現在ごはんの里で取り扱っている裏巻きは以上の5種類になりますが、皆様お召し上がりいただいたものはございましたか?
過去には『肉みそロール』や『プルコギロール』といった珍しい裏巻きも製造しておりました🤭実はそれらの中には、現在皆様にご愛好いただいている『キンパ』の構想の元になったものもございます😯

今回紹介した各種ロール寿司はご奉仕品セットなどで期間限定で販売させていただくことがございます。
これらの商品を販売する際はメルマガ、LINEなどでお知らせするようにいたしますので、是非チェックをお願いします😊

古い投稿


コメント欄